学費が足りないので学生ローンを利用した(男性/10代)の体験談

大学卒業後は家業を手伝うことが決まっています。

 

親に大学に行く必要はないと言われたのを無理を言って通わせてもらっているので、
学費以外の生活費はなるべく自分で出そうとアルバイトに励んでいます。

 

しかし、予定外の学費が必要になり困った事態になりました。

 

生活費を削れば何とかなるかもしれませんが、アルバイトは体が資本の作業で食費は削れないし、
この先も学費が余計にかかるかもしれませんから学生ローンを利用することにしました。

 

友達で学生ローンを利用している人が結構いたこともあり、不安は感じませんでした。

 

しかし、実際に借りることができるのかどうか分からなかったので、
こちらのローン会社で学生ローンについて詳しく聞いてみました。

 

幸い借りることには問題がなく、返済に関してもアルバイトを頑張れば何とかなりそうでしたから、ローンを利用することにしました。
今回はこのようにローンを利用する事ができ、学業に支障が出なかったので感謝しています。

よくある質問

学生ローンに必要な条件はありますか?
学生ローンを借りる場合、大学や大学院、専修学校などに在籍している証明として学生証の提示が求められます。また、ローン会社によっては、アルバイトなどの定期的な収入の有無が条件となっている場合もあります。年齢の条件として20歳から29歳に限定しているローン会社もあります。返済は在籍中ではなく卒業後でも可能で、学生ローンの金利は通常のローンと比べて金利が低いので、返済しやすいという特徴があります。借り入れたお金は学費に限らず、生活費や課外活動など好きに使って構いません。

 

学生ローンはいくらまで借りられますか?
学生ローンは、総量規制の対象となるローンです。その為、借りる事ができる金額は、年収の1/3程度を目安に考えましょう。なお、この年収には親からの仕送りは含まれないので、アルバイト代のみと考えましょう。つまり、アルバイトを行っていない場合は、学生ローンを利用する事ができないと言う訳です。少しでも多くの金額を借りたいというのであれば、毎月のアルバイトで得る収入を増やすしか方法はありません。ただし、借入の目的が明確な場合は、限度額が上がる事もあります。

 

家族や友人に借入を秘密にできますか?
学生ローンでは保証人や担保の必要がなく、学生証を見せて学生である事を証明できればお金の借り入れを行える場合が大半です。友人に保証人を頼んだり、家族へ確認の電話を行う事が無いので、誰にも秘密で申し込みお金を借りる事が可能です。学生ローンの返済時も、店頭での返済以外に銀行振り込みや自動引き落とし、現金書留など様々な方法で返済できるので、お金を返す時に誰かに知られる事もありません。一括返済以外にも、複数回の返済ができますので、余裕を持った返済計画が立てられます。